WEBで仕事をする場合に注意したいこと

WEBサービスでは、セキュリティ対策での脆弱性対策も重要になります。

WEBサービスと脆弱性対策

WEBで仕事をする場合に注意したいこと WEBサービスでは、セキュリティ対策での脆弱性対策も重要になります。インターネットでは、脆弱性が非常に重要なポイントになり、そこがセキュリティホールになってウイルス侵入の経路になります。これは、攻撃を受ける側でも見えないので、何らかのセキュリティ診断を受けないと対処できません。目に見える部分は、システムの機器の外側だけです。今サイバー攻撃を受けていても、外側からは見えません。情報漏洩をしていても見えないようで止めようがないということになります。それで可視化ということが非常に重要になります。見えないということも大きな問題点です。

そうなると、見えない中での対処ということになるので、推測して弱点になるようなところのセキュリティホールを事前に埋めておき、入ることができないようにしておくしかありません。それがセキュリティ対策ですが、見えないので難しいということがネックでもあります。とくに、OSやインストールしてあるアプリケーションなどが古いというだけでもセキュリティホールになるので厄介です。

使用する分には何の問題もないので、セキュリティホールには見えません。それで安心しているといつの間にかウイルスが侵入しているという結果になったりします。そのためにもアプリケーションなどを最新の状態にしておくことが注意されています。それだけでもサイバー攻撃に対しての有効な手段のひとつになるので、気をつけるべきです。

おすすめ

Copyright (C)2019WEBで仕事をする場合に注意したいこと.All rights reserved.