WEBで仕事をする場合に注意したいこと

日本ではもちろん日本語が使われています。

自分の住所を翻訳してくれるWEBサービス

WEBで仕事をする場合に注意したいこと 日本ではもちろん日本語が使われています。日本語は外国では使われていないので、外国では日本語のルールは通用しません。名前も日本語で書いても通じないことがあります。通常はローマ字を使い、名前から先に記載し後に名字を記載することになります。外国にいる相手に手紙を送るときなどは住所や名前をきちんと書かないと届かない場合もあります。

海外に知り合いがいるようなケースはあまりないかもしれません。でも外国の人に対して自分の名前や住所を知らせる必要が出てくることがあります。それはネットショッピングのときです。ネットショッピングは日本のお店だけでなく海外からも行えます。この時には当然送り先として自分の名前や住所を記入します。名前はローマ字を使えばいいことがわかります。

住所にも決まりがあります。英語はなんとかわかるとして、フランス語、中国語などはわからないこともあります。この時に便利なWEBサイトがあります。日本の住所を各国の言葉に翻訳してくれます。中国語などはどんな感じが当てられるかわからないのでこのサイトを利用しない限りには書くことができないかもしれません。中国からでもネットショッピングを楽しむことができるようになります。
Copyright (C)2019WEBで仕事をする場合に注意したいこと.All rights reserved.